mixiの1dayインターン『git challenge #10』に参加してきました #mixi_git

こんにちは、ぷらす(@p1ass)です。

先日、mixi本社にて開催された「git challenge #10」に参加してきました! 今までこういったイベントには参加したことがなかったのですが、自分の知らないことをたくさん学べる素晴らしいイベントでした。

この記事では、そのイベントの様子などを簡単に紹介していきたいと思います。

git challengeとは

「git challenge」とはmixiの新卒研修として行われているgit研修をイベント化したものになります。 gitに関連したエラーや問題を解決しながらgitについて詳しくなろう!という主旨のイベントです。

今回は10回記念ということで、遠方の参加者には交通費を全額支給してくださる神なイベントとなっていました。

参加エントリー〜イベント前日

イベントを知ったきっかけ

git challengeを知ったのはTwitterのタイムラインでイベントの概要が流れてきたのがきっかけでした。

こういった就活と絡めたイベントはB3↑の人限定という場合も多く、B2の自分は参加できないということも多いです。 しかし、git challengeは年齢関係なく申し込めるということで、概要を読んですぐ申し込みました。

エントリーシートは思いの外、たくさんの項目がありました。 gitのイベントということでgitの使用経験はもちろん、今までの制作物やその他諸々色々なことを聞かれました。 ありもしないことを書いても仕方ないので、今まで自分がやってきたことをなるべくたくさん書いて応募しました。

無事当選

選考結果は申し込んでから一ヶ月後くらいに返ってきて、めでたく参加できることになりました。🎉

参加が決まってからは、「ちょっとはgitの勉強としとかないとなぁ」と思いつつも、時間があまりなくあまり大したことは出来ませんでした。

イベント当日

京都 → 東京

自分は京都から参加ということで、朝5時に起きて7時の新幹線に乗るというムーブでした。

新幹線でgitの勉強しようと言ってたのにも関わらず、普通に寝落ちしてしまいました。 起きたら神奈川で、時すでにおすし。仕方なくもう一度寝ました。

なにはともあれ無事mixi本社に到着しました。 こういったイベントにあまり参加したことがないため、

「『オフィス関係者以外立入禁止』と書かれた先にあるエレベーターに乗ってよい」

という常識(?)がわからなくてエントランスであたふたしてました。

午前中

イベントの午前中はgit challengeの説明とLTが2つがありました。

イベントの説明では、「2人1組のチーム対抗で競う」、「難しい問題を解いたほうがたくさんの点がもらえる」、「リモートブランチが壊れたら、前のボタンを押すと直してくれる」といった話がありました。

自分のチームは二人とも「git完全に理解した」という人間ではなかったので、簡単な問題から順番に解いていくことにしました。

お昼

mixiのイベントでは、お昼ご飯にすごく力をいれてるそうです。

今回は四谷オーベルジーヌのカレーでした。🍛

ビーフがすごく美味しかったです😄

競技スタート

お昼を食べ終わったら、競技スタートです。

ここが一番大事なところですが、問題に関しては公表できないのでさらっと流します。

最初の方の問題はするする解けましたが、後半の問題はかなり難しく、最後の問題に至っては、問題文を読む気すら起きなかったです()

競技時間の途中には、社員の方々がお菓子を配ってくださったり、飲み物を渡してくれたりしました。 後ろの方に置いてあったみたいですが、みんな問題に集中していて全然取りに行かなかったようで半ば強制に配ってました。

解説 & 表彰

そうこうしているうちに3時間過ぎて、競技が終了しました。

自分らのチームは、あまり問題が解けず、下から数えた方が早いんじゃないかという順位でした。

解説は、アンケートで得票数が多かったもののみ行う形式でした。 自分がわからなかった問題の解説を聞いて、「あぁ〜そういうことね、完全に理解した。」とか「チョットナニイッテルカワカリマセン」といった気持ちになってました。

自分の知ってるgitのコマンドもあれば、名前すら聞いたことないコマンドもあり、gitって奥深いんだなと認識させられました。

解説の後は表彰です。

1位のチームは、今まで10回開催されたイベントで一度も解かれたことのない問題をパスしてて、圧倒的優勝でした。 mixiの社員さんたちも驚いていて、「世の中すごい学生がいるんだなぁ」と尊敬の眼差しを送っていました。

懇親会

イベントの最後は懇親会です。

すごい可愛らしい料理やお酒が並んでおり、イベントの疲れを全部ふっ飛ばしてくれるとても良い会でした!

他のチームの学生ともお話させていただき、「普段は〇〇してる。」とか、「〇〇にインターンに行ってた。」といった話をしながらワイワイしてました。

「自分はB2だし最年少かな」と思っていたのですが、普通に10代もいて驚きました。普段地方にいると会えない人達とたくさん話せてとても良かったです。

また、mixiの社員の方々とも色々お話させていただきました。 mixiのサービスの裏側やgit challengeの意図、選考の色々など普段は聞けないようなことを教えていただきました。 サービスを運営していく上での心構えやUXのこだわりといった話は、自分がサービス開発していく上でものすごく役に立つ良い話でした。

東京→京都

楽しかったgit challengeですが、これにて終了です。

帰りは、以前から知り合いだった@pinf0rtくんと将来のこととかを色々語りながら新幹線で帰りました。

おわりに

いかがだったでしょうか?

git challengeは今回で10回目を迎えましたが、またそのうち11回目が開催されると思います。

「自分はあんまりgitやったことないし」とか考えずに、「gitを学ぶ良い機会」だと考えて、是非参加してみてください。 きっとこれからエンジニアをやっていく上で、ずっと役に立つスキルを得られると思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Top