Tag データ構造

二項演算子のASTを参考にした動的なフィルターのデータ構造

6 min read | #開発 #設計 #データ構造 #Go

この記事はDeNA 21新卒×22新卒内定者 Advent Calendar 2021 の 1 日目の記事です。

こんにちは、@p1ass です。

いよいよDeNA 21新卒×22新卒内定者 Advent Calendar 2021 が始まります 🙌
今年は新卒と内定者によるこの Advent Calendar と DeNA のエンジニアが担当するDeNA Advent Calendar 2021 の 2 種類があるので、どちらもぜひチェックしてください! (執筆時点では新卒 Advent Calendar はまだ埋めてないですがこれから埋まっていくはず…!)


さて、ここからは本題に入っていきます。

世の中には何らかのコレクションから条件に一致するものをフィルターする処理がよくあります。 例えば、「ユーザ一覧の中から年齢が一定以上の人のみを表示する」などです。(こういった条件をこれ以降「フィルター条件」と呼びます。)

このようなフィルター条件は 1 つであれば簡単ですが、複数の条件が組み合わさると少しずつ複雑になっていきます。 また、これらの条件がプログラムの中に静的に埋め込まれるのではなく、エンドユーザーのリクエストによって動的に変化すると、より面倒になってきます。

今回はいくつかのフィルター条件を自由自在に組み合わせて新たな合成フィルター条件を作り出すためのデータ構造を紹介します。 デザインパターンを知っている人にとっては既知の構造ですが自由度を保ちつつ複雑なフィルター条件を実装できるので、参考になれば幸いです。

続きを読む